BTSは“兵役免除”されるのか...本日(11月25日)大衆文化芸術家の特例法に関する委員会実施

BTSは“兵役免除”されるのか...本日(11月25日)大衆文化芸術家の特例法に関する委員会実施

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/11/25

果たしてBTS(防弾少年団)に兵役特例が適用されるのだろうか。

【関連】BTS本人置き去りで続く“兵役”論争…現在の争点は?

韓国国会の国防委員会は本日(11月25日)午前、法案審査少委員会を開き、国益貢献度の高い大衆文化芸術家に対して、代替服務を認める内容の「兵役法改正案」について議論する。

今回の会議は、従来の芸術・体育分野に大衆芸術(大衆文化)を含むのかどうかという内容が軸だ。

最近BTSは「2021 American Music Award(AMA)」でアジアのアーティストとして初めて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、大衆文化人に対する兵役特例の公平性議論が再燃した。

No image

BTS

現行法では、大統領令で定める芸術・体育分野の特技を持つ者として、文化体育観光部長官が推薦した者を芸術・体育要員に編入できるよう規定されている。

しかし、兵役法施行令には、芸術・体育分野の特技として大衆文化は規定されておらず、BTSをはじめとする大衆文化スターたちが芸術・体育要員に編入されることはできないという指摘が出ている。

本日、改正案が委員会を通過すれば、早ければ11月26日にも国防委員会の全体会議に上程される見通しだ。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加