阪神・近本 今季2度目の猛打ショー!復調気配、打率・240まで上昇

阪神・近本 今季2度目の猛打ショー!復調気配、打率・240まで上昇

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

5回、近本は中前打を放つ

「阪神7-3広島」(2日、甲子園球場)

1番が塁に出れば、打線は活気づく。阪神・近本が3度も本塁を踏んだ。切り込み隊長としての仕事を全うした。

同点のチャンスは近本が作り出した。先頭で打席を迎えた1点を追う三回。「来たボールをしっかりセンターに返すという意識で入って。先頭で出塁できたのはよかった」と野村のチェンジアップを中前に運んだ。続く糸原の打席で二盗に成功。マルテの中前適時打につながった。

これで選手会長のバットが乗りまくる。2点ビハインドの五回。再び先頭で打席に立つと、中前打で出塁してすぐさま二盗を決めた。その後、三塁に進むと佐藤輝が豪快な満塁アーチ。スタンドに消える打球を見届け「やっぱすげーなと思いました」とルーキーのすさまじいパワーに笑みを浮かべた。

低迷していた打撃も復調気配を漂わせる。六回には遊撃への内野安打を放ち、今季2度目の猛打賞。打率も・240まで上昇した。

止まらない猛虎の快進撃。お立ち台には同じ兵庫出身の佐藤輝と初めて上がった。「(一緒に)関西を盛り上げていきたい。緊急事態(宣言)も出ているので、家の中でも楽しめるプレーをしたい」と近本。チームの勢いを加速させる選手会長の反撃が始まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加