東国原英夫が「師匠や軍団を逆恨みしている奴がいる」ツイートを説明不足と謝罪

東国原英夫が「師匠や軍団を逆恨みしている奴がいる」ツイートを説明不足と謝罪

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/09/16
No image

東国原英夫氏(東スポWeb)

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が15日、ツイッターを更新し、師匠のビートたけし(74)が襲われた事件での自身の投稿について、説明不足だったと謝罪した。

東国原は「本日、師匠に先般の『襲撃事件』の概要について伺った。先日僕がツィートした『師匠や軍団を逆恨みしている奴がいる』の『奴』は、『30年以上前に軍団を辞めた人物』の事で今回の襲撃事件の犯人等とは一切関係有りません。僕の説明不足で関係各位に多大なるご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げます」と投稿した。

たけしは今月4日、TBSの番組出演後、つるはしを持った40代の男に襲われ、乗っていた車が傷つくなどした。男はすぐさま逮捕された。

事件後、東国原はツイッターで「先日、『TVタックル』の収録の時、『軍団や師匠を恨んでいる輩がいる』と話したばかりだった。勿論、その恨んでいる輩が今回の襲撃犯人かどうかは、現時点で不明であるが」などと投稿していた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加