銀粉蝶&吉沢悠、高橋一生主演『インビジブル』に出演 慈しみあう心優しき母子役に

銀粉蝶&吉沢悠、高橋一生主演『インビジブル』に出演 慈しみあう心優しき母子役に

  • Real Sound
  • 更新日:2022/05/14
No image

銀粉蝶&吉沢悠『インビジブル』(c)TBS

銀粉蝶と吉沢悠が、5月20日放送のTBS金曜ドラマ『インビジブル』第6話に出演することが決定した。

【写真】永山絢斗、『インビジブル』出演

本作は、警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”を捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターの2人が異色のバディを組む犯罪エンターテインメント。主人公となる刑事・志村貴文を高橋一生が演じ、志村とバディを組む犯罪コーディネーターのキリコを柴咲コウが演じる。そのほか警視庁の面々として、桐谷健太、原田泰造、有岡大貴、堀田茜が出演。『ROOKIES』や『南極大陸』、『クロコーチ』など、数々のTBSドラマを手がけてきたいずみ吉紘がオリジナル脚本に挑む。

キリコの弟で、「僕が本当のインビジブルです」と名乗る “真のインビジブル”キリヒト(永山絢斗)が現れ、物語は新章に突入。銀粉蝶が病弱な母・樫谷加代子、吉沢が加代子を健気に看護する息子の健治を演じる。互いを慈しみあいながら、穏やかに暮らす樫谷親子。2人は物語にどう関わるのか。

(リアルサウンド編集部)

文=リアルサウンド映画部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加