【ローズS展望】中京開催の秋華賞トライアル、あの馬の巻き返しを期待したい

【ローズS展望】中京開催の秋華賞トライアル、あの馬の巻き返しを期待したい

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/09/17
No image

リフレッシュされ巻き返しに期待のかかるクラヴァシュドール

秋華賞へ向けた有力馬が多く参戦してくるが、あまり堅い決着にはならないことが多い一戦。トライアルであるということ、そして牡馬と比べると牝馬は浮き沈みが激しいことから、春の戦績をそのまま鵜呑みに出来ない面もあるのだろう。そして、今年は中京開催ということが予想をさらに難しくさせている。

1.軽量馬が中心か

過去10年、馬体重480kg以上だった馬が3着以内に入ったケースはゼロ。昨年3番人気で6着のスイープセレリタスは492kg、17年1番人気6着のファンディーナは526kg、2番人気7着のモズカッチャンは482kgだった。

2.末脚が要求されるだろう

17年にはファンディーナが1番人気で6着、桜花賞馬レーヌミノルが9着。15年には桜花賞馬レッツゴードンキが4着など、逃げ・先行で実績を残してきた馬は苦戦する傾向にある。今年は中京開催だが、直線が長いコースでのトライアルであることは変わりなく、前半から極端にペースが速くなるとは考えにくいため、阪神開催時同様末脚が求められるレースになると想定しておきたい。

3.注目の種牡馬は

15年以降に行われた牝馬限定の中京芝2000mの成績を種牡馬の着別度数別で見てみると、1位は父キングカメハメハで[8-8-2-21]の複勝率46.2%、以下、ハーツクライ、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、ステイゴールドとサンデーサイレンス系の種牡馬が続く。なお、父ディープインパクトは[2-9-8-40]で、複勝率32.2%にもかかわらず勝率は3.4%と取りこぼしが多い印象。

クラヴァシュドールはオークスで15着と大敗を喫してしまったが、一気の距離延長への戸惑いやタフな馬場だった桜花賞の反動等があったのかもしれない。それまでは安定して好走しており、2歳時にはサリオスに食らいつく末脚を発揮した実績もある。入厩後の動きを見るにリフレッシュ効果でしっかり立て直されてきており、実戦でも巻き返しを期待したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加