松山市で35.2°Cを観測 県内今年初の猛暑日【愛媛】

  • 南海放送
  • 更新日:2022/06/23

きょうの県内は、この夏一番の厳しい暑さとなりました。

松山市では最高気温が35℃を超え、愛媛県で今年初めての猛暑日です。

熱中症にご注意ください。

上空に流れ込んだ、南からの暖かく湿った空気と、強い日差しの影響で、県内全域で朝から気温が上がりました。

松山市では、午後3時までの最高気温が35.2℃に達し、愛媛県で今年初めての猛暑日となりました。

松山市で、6月に猛暑日となるのは11年ぶりです。

県内各地も気温が上昇、大洲34.9℃、長浜34.8℃、宇和島33.9℃、新居浜33.4℃など、県内に15ある観測地点のうち、14地点で今年一番の暑さとなりました。

あすも、上空に流れ込む暖かく湿った空気の影響で、厳しい暑さとなる見込みです。

熱中症や農作物の管理などにご注意ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加