水戸DF岸田翔平が契約満了...今季はJ2で出場2試合と激減「これからの水戸ホーリーホックをよろしくお願いします!!」

水戸DF岸田翔平が契約満了...今季はJ2で出場2試合と激減「これからの水戸ホーリーホックをよろしくお願いします!!」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/11/25
No image

水戸ホーリーホックは25日、DF岸田翔平(31)との契約満了を発表した。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

岸田は大分県出身で、大分トリニータの下部組織で育ち、福岡大学へと進学。2012年にサガン鳥栖へ特別指定選手として登録。2013年には正式に入団した。

鳥栖での3シーズンは出番に恵まれず、2015年にV・ファーレン長崎へと期限付き移籍。するとJ2で24試合に出場しレギュラーに定着。2016年も期限付き移籍を継続し34試合に出場しプロ初ゴールを含む4得点を記録していた。

2017年からは古巣でもある大分へと完全移籍すると、2019年には水戸へ完全移籍。2シーズンでJ2通算53試合に出場したが、今シーズンはここまでJ2で2試合と出場機会が激減していた。

岸田はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンで水戸ホーリーホックを退団することになりました。3年という短い間でしたが、とても充実した幸せな日々を過ごすことができました。一番思い出深いのは、2019年のホーム最終節。あの雰囲気の中で試合をやれたことは、これからも忘れることがないです」

「これから水戸ホーリーホックがJ1に行くためには、今まで以上に皆さんの応援が必要になります。出来るだけスタジアムに来て選手たちを後押ししてください!これからの水戸ホーリーホックをよろしくお願いします!!」

「そして最後に、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様、そして水戸ホーリーホックに関わるすべての方々、3年間本当にありがとうございました。また、ケーズデンキスタジアム水戸で会えるよう頑張ります!」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加