永瀬正敏、オダギリジョー&金子ノブアキと3兄弟演じ「弟ができたようなうれしさ」

永瀬正敏、オダギリジョー&金子ノブアキと3兄弟演じ「弟ができたようなうれしさ」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/06/11

名も無い日」の全国公開初日舞台挨拶が本日6月11日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの永瀬正敏オダギリジョー金子ノブアキ、監督の日比遊一が登壇した。

No image

「名も無い日」全国公開初日舞台挨拶の様子。左から金子ノブアキ、永瀬正敏、オダギリジョー、日比遊一。

すべての画像・動画を見る(全15件)

No image

「健さん」「エリカ38」で知られ、写真家としても活動する日比が実体験をもとに監督を務めた本作。名古屋に生まれ育った小野家の3兄弟を軸に、弟の訃報を受けて帰郷した写真家・達也の姿を描く。永瀬が長男の達也、オダギリが次男の章人、金子が三男の隆史を演じている。この日の舞台挨拶は全国の劇場に生配信された。

No image

本作は撮影から3年の月日を経て公開を迎えた。永瀬は「あっという間だった気もするし、無事公開できた喜びもある。いろいろ心の中がぐるぐるしてますね」と感慨を語る。コロナ禍における映画館の苦境に触れながら「僕にとっては命みたいな場所。クローズしてしまうのは悲しい。こうして、なんとか観ていただけることになった。配信イベントで全国にお届けできることをポジティブに捉えたい」と挨拶した。

No image

撮影は実際に日比の弟が孤独死した実家で行われ、劇中の最後に出てくる手紙も実物。オダギリは「章人さんが生活されていた空間。もちろん軽い気持ちで入り込むこともできない。監督の強い覚悟を自分がどれだけ背負い込むことができるか。自分ができることを全身全霊をかけてやらなければいけない思いでした」と振り返る。また実家で撮影した点について「もしセットだったと考えると、まったく違うスタンスになる。ご実家で撮影できたことは、この作品にいろいろな力を与えてくれた」と語った。

No image
No image

初共演にして3兄弟を演じた3人。永瀬はオダギリと金子を「お二人はお芝居を現場に持ってくる人ではなくて、ちゃんと心を持ってくる人」と称賛しつつ、「弟ができたようなうれしさがあった」と振り返る。オダギリも「いい感じの兄弟。自分のことながら3人のキャスティングがしっくりきてると思ってました」と述懐。金子も「本当にお兄ちゃんができた!と思って『甘えちゃえー』という思いで現場にいました。優しい時間がずっと流れてた穏やかな現場でした」と笑みをこぼした。

No image

弟の命日がわからないことから「名も無い日」と名付けられた本作。最後に日比は「僕の人生の中でもっともエキサイトで、苦しく、内容の濃い時間。昨日のことのようにすべて覚えています」と撮影を回想しながら「オダギリくんが優しい名古屋弁で話すのを聞くたびに弟のことを思い出します。最後に達也がシャッターを押すことが私と、私の家族の新たな一歩になった。今日という日が弟の命日として刻まれたことを感じております」と述べ、イベントを締めくくった。

「名も無い日」は東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開中。

(c)2021「名も無い日」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加