田中希実が1000mで日本新の2分37秒33「1500mのレースのイメージに直結する」/ホクレンDC

田中希実が1000mで日本新の2分37秒33「1500mのレースのイメージに直結する」/ホクレンDC

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/06/23
No image

◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022:20周年記念大会(6月22日・北海道深川市)

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022の「20周年記念大会」が北海道深川市で行われ、女子1000mには、同種目の日本記録を持つ田中希実(豊田自動織機)が出場した。

すでに1500mと5000mの2種目で今夏のオレゴン世界選手権出場を決めている田中は、日本選手権で2位だった800mでの出場も見えてきている。今回、シミラーイベント(ワールドランキング集計対象となるサブ種目のこと)として行われる1000mの結果次第では、48のターゲットナンバー(出場枠内)に入ってくる可能性があった。

1000mのターゲットタイムは田中の持つ日本記録(2分37秒72)。入りの400mは、ペースメーカーの正司瑠奈(環太平洋大)が引っ張り、60秒7で通過した。600mは1分33秒3とややペースが落ちたが、そこから800m日本選手権覇者の塩見綾乃(岩谷産業)との一騎打ちになると、ペースアップを図り、一気に塩見を引き離した(※ラップタイムは、実況による)。そして、自身が昨年8月にマークした記録を0秒39上回り、2分37秒33の日本新記録を打ち立てた。

しかし、「2分35秒ぐらいで走りたかった」と、田中に満足はなかった。「ラスト1周でいかにペースを落とさずに走り切れるかがテーマでしたが、そこまでで余裕が持てていなかったので、ラストは脚が止まってしまいました」と課題を口にする。

反省の言葉ばかりが目立ったが、もちろん収穫もある。特にハイペースで序盤を進められたことを収穫に挙げていた。

「今年は日本選手権も勝負を意識していて、速いペースで入るレースをそんなにしてこなかったので、世界の1500mの入りに近いペースを今季初めて経験できました。それは1500mのレースのイメージに直結するんじゃないかなと思います」

海外のレースの結果次第となるが、800mでも世界選手権出場に少し近づいたレースになった。

なお、田中は直後に行われた1500mのペースメーカーも買って出て、チームメイトの後藤夢らをアシスト。今後もホクレン・ディスタンスチャレンジを経てオレゴンへ向かう予定だ。

文・写真/和田悟志

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加