小学生2人が死亡の放火殺人事件 逮捕された伯父は大阪に土地勘 「間違いありません」と容疑を認める

小学生2人が死亡の放火殺人事件 逮捕された伯父は大阪に土地勘 「間違いありません」と容疑を認める

  • 関西テレビ
  • 更新日:2021/11/25

兵庫県稲美町で小学生2人が死亡した放火殺人事件で、逮捕された伯父が逃走していた大阪に土地勘があったことがわかりました。

殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、無職の松尾留与容疑者(51)です。

松尾容疑者は11月19日深夜、稲美町の自宅に火をつけてほぼ全焼させ、この家に住む甥で小学6年の松尾侑城くん(12)と、小学1年の眞輝くん(7)を殺害した疑いが持たれています。

調べに対し、松尾容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察によると、火災発生から5日後の24日、松尾容疑者が大阪市北区の公園のベンチに1人で座っているところを捜査員が発見し、確保しました。

また、松尾容疑者は大阪に土地勘があったということが新たにわかりました。

近所の人によると、松尾容疑者が以前、大阪で働いていたという話もあり、警察は詳しい逃走経路や事件の経緯を調べています。

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加