静岡学園MF寺裏剣はU-18代表合宿を経てワンランク上のドリブラーへ...冨樫剛一監督から授かった飛躍のヒント

静岡学園MF寺裏剣はU-18代表合宿を経てワンランク上のドリブラーへ...冨樫剛一監督から授かった飛躍のヒント

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2022/06/23
No image

韓国大学選抜戦で鋭い突破を見せたU-18日本代表候補MF寺裏剣(写真=多田哲平)

「トレーニングでは1対1で仕掛けても、できるなという感覚はありました」

【フォトギャラリー】U-18日本代表候補 vs 韓国大学選抜

静岡学園MF寺裏剣(3年)は、初のU-18日本代表合宿(6月18日~22日)をそう振り返る。

これまでは「中学の時にちょっと県トレに入ったことがあるくらい」で、高校入学後は県選抜にも入ったことがなかった。

しかし今年は、静岡学園でトップチームに昇格後、瞬く間に左サイドハーフのレギュラーの座を掴み、プレミアリーグWESTで存在感を発揮。切れ味鋭い突破と決定力を武器に、8試合消化時点で5ゴールを挙げ、得点ランキング4位につけている。そうした好調ぶりが冨樫剛一監督の目に留まり、掴んだ初の代表だった。

[page_break:]

自慢のドリブルは韓国大学選抜とのトレーニングマッチ(45分×2本)でも通用した。1本目で先発した寺裏は開始早々から積極的に仕掛けて打開を図った。短期間の合宿とあって連係面の拙さは見られたものの、年上の相手に囲まれながらも、その間を切り崩していき、テクニックの高さをうかがわせた。

合宿を通して一定の手応えを掴めたのは間違いない。ただ一方で年代最高峰の選手が集まる環境に身を置いたことで、さらなる高みがあることにも気付かされた。

冒頭の言葉には続きがある。「でも、まだまだというほうが大きいです」。

「個々のレベルが高くて、やっぱり自分の得意なドリブルもまだ甘いなと感じました。守備の部分では、もっとチームの日頃の練習でもスイッチを入れてやっていけるように、自分で考えて取り組んでいかないといけないなというふうに良い刺激をもらえました」

[page_break:]

No image

静岡学園でもドリブルで存在感を発揮する(写真=多田哲平)

韓国大学選抜戦後も「あまりドリブルは取られなかったんですけど、それでも抜き切ることができなかった。自分でシュートを打って決めることもできなかったですし、良い精度のクロスも上げられなかった」と反省の言葉を口にしている。

【マッチレポート】U-18日本代表候補 vs 韓国大学選抜

また技術的な部分だけでなく精神面でも未熟さを痛感させられたという。

「同年代ではU-19代表に上がっている選手もいるので、そう思えば、僕も高いレベルを目指してやっていかないといけないなと。代表というものに呼ばれたのは初めてだったので、初めは実感がなかったんですけど、合宿を通して実感できた。メンタルも鍛えていかないといけないなと」

そんな寺裏は合宿中に冨樫監督から、大きなヒントをもらった。

『ドリブルを仕掛ける時に、手前の相手だけじゃなくて、奥の2枚目、3枚目の相手を見ろ。そしたら手前の相手も勝手に抜ける』

指揮官は「まだまだ1手目の関係しか作れていない。2手先、3手先を動かすための1手目じゃないと効果的じゃないよと、テラには話をしました。たとえば最終ラインのCBのビルドアップでも、相手のCBを動さないと意味がないと、僕らは育ちました。そういう先を見る意識をテラなんかも持てれば、1手目が効果的になるんじゃないかと」とその意図を話す。

これを受けて寺裏は言う。

「新しい発見でしたね。チームに持って帰って、意識して2枚目、3枚目を見てやっていきたいです」

初の代表合宿で新たな刺激を得た寺裏は、ワンランク上のドリブラーへ、さらなる進化を遂げるだろう。

(文・写真=多田哲平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加