【検査所に長い列】感染拡大に危機感 ワクチン接種も予約でいっぱいに 札幌市

【検査所に長い列】感染拡大に危機感 ワクチン接種も予約でいっぱいに 札幌市

  • STVニュース北海道
  • 更新日:2022/11/25
No image

【検査所に長い列】感染拡大に危機感 ワクチン接種も予約でいっぱいに 札幌市

感染拡大がおさまる気配のない中、札幌市内のワクチン接種を受けられるクリニックでは予約がいっぱいにー

PCRの検査所には長い行列ができていて、警戒感が高まっています。

札幌市中央区の病院です。

こちらではオミクロン株対応ワクチンのほか、乳幼児用コロナワクチンの接種も今月から始まっています。

(子どもの母親)「保育園のクラスとか別のクラスでも(感染が)ありまして、3歳でも打てるってなったので打ちたいねって」

(病院スタッフ)「予約がずっといっぱいで来月末まで空いていない」

新型コロナの感染拡大をうけ、病院では連日予約の電話が相次いでいて、新型コロナワクチンの予約表は来月末までいっぱいに。

乳幼児用ワクチンの予約も埋まりはじめてきています。

(看護師)「コロナワクチンから先に打ちますね」

こちらの男性は新型コロナのワクチンを接種したあとに…

(看護師)「ちくっとします、痛いです」

インフルエンザのワクチンを同時接種していました。

新型コロナとインフルエンザのワクチン、それぞれに予約の電話が相次ぎ、病院は対応に追われています。

ワクチンの予約が増加している理由はというとー

(クリニック・イン・ザ・モーニング 岡田純一院長)「(新型コロナによる)学級閉鎖も増えていますし、

冬場インフルエンザも同時流行するんじゃないかという懸念で、みなさん動いているのかなという印象です」

(長南記者)「無料でできるPCR検査場では朝から行列ができています」

札幌市中央区のPCR検査所は、全国旅行支援が始まった先月半ばから行列が続いています。

スタッフによりますと、旅行目的などのほか周囲に感染者がいるなど不安がある人が検査に来ているといいます。

札幌市北区の薬局では、抗原検査キットの売れ行きが過去最高にー

感染拡大の影響を肌で感じています。

(きりはな薬局 堀崇嗣代表)「抗原検査キットの数というより、マンパワーというかお客さんの注文数がさばけるかという懸念が一番あります。

スタッフと一緒にどうやって多くの方に抗原検査キットを届けるかというのをずっと検討しています」

札幌医科大学の横田伸一教授は、寒くなり屋内の換気が難しくなっていることが感染拡大の原因のひとつではないかと推測しています。

そしていま危機感が募るのが新たな変異株です。

(札幌医科大学 横田伸一先生)「BQ1からBQ1.1と呼ばれている新しいタイプの物が道内にも入り込んできています。

いくら株が変わっても感染経路、飛まつ感染であるとか感染対策は変わることはない。

一方でワクチンであったり飲み薬であったりといった新しいものも出てきていますから、

それをいかに組み合わせていくか。そういった運用に期待しつつですね、

我々は個々の感染対策をしっかりやっていく必要があると思っています」

感染者減への道筋が見えない中、感染の波は今後どのように推移していくのかー

警戒が強まっています。

11/25(金)「どさんこワイド179」

11/25(金)18:39更新

この記事を動画で見る

STV札幌テレビ「どさんこワイド179」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加