極寒の湖で激写!氷の芸術が生んだ幻想的な光景

極寒の湖で激写!氷の芸術が生んだ幻想的な光景

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

極寒の湖で撮影された不思議な光景。凍った湖の中に、泡のようなものが見えます。

これは、湖の底から湧き出すガスが水面に到達する前に凍ってできた“アイスバブル”と呼ばれる氷の芸術。

冬の湖の神秘的な光景といえば、“霜の花”「フロストフラワー」です。発生するのは、気温がマイナス12度以下で、よく晴れて無風状態の時。しかも、透明に凍った湖面にだけ現れます。

さらに、今回は陸上からの冷たい空気に触れて発生する霧「けあらし」も加わり、幻想度はさらにアップ。

撮影した人によりますと、現在の阿寒湖は雪が積もり、この光景は見られなくなっているそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加