ソフトバンク栗原大暴れ4打点「集中して」菅野KO

ソフトバンク栗原大暴れ4打点「集中して」菅野KO

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人対ソフトバンク 2回表ソフトバンク無死一塁、右越え2点本塁打を放つ栗原(撮影・横山健太)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人1-5ソフトバンク>◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク栗原陵矢捕手(24)が4打点の大暴れで巨人のエース菅野をKOした。

「5番右翼」で先発し、まずは幸先のいい先制アーチを放った。2回無死一塁。菅野の浮いたスライダーをとらえ、右翼に2ランを運んだ。「めちゃくちゃ緊張していました。ファーストストライクから思い切って打ちにいこうと思っていましたし、チームも先制できて良かったです」。今季、シーズン17本塁打と急成長を遂げた男が、日本シリーズ初スタメンで日本シリーズ初安打が初本塁打になった。

試合の流れを大きく引き寄せたのも栗原だ。2点リードの6回2死一、三塁。菅野の外角フォークをとらえ、左中間を破る2点適時二塁打。低めのフォークをきっちり見切り、際どい速球にもバットは動かない。ボール先行から仕留めた打席だった。「しっかり集中して打ちにいけました。追加点になってくれましたし、チャンスで打てて良かったです」。この日は3安打。クライマックスシリーズは無安打だったが大舞台で勝負強さを証明した。今年の充実ぶりを象徴する猛打ぶりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加