若者がよく使うLINEの便利機能3選! ちょっとしたテクニックで大人世代もぐっと快適に

若者がよく使うLINEの便利機能3選! ちょっとしたテクニックで大人世代もぐっと快適に

  • All About
  • 更新日:2022/09/23
No image

LINEには意外と知られていない便利機能があります。LINEのヘビーユーザーである若者がよく使う機能を中心に、3つの便利機能をご紹介します。

子どもからシニアまで、幅広い層に使われているLINE。もし自分が知らない便利な使い方があるのなら知りたいですよね。そこで、LINEのヘビーユーザーである若者がよく使う機能を中心に、3つの便利機能をご紹介します。

1. 個人情報を隠してLINEのスクショを撮る

待ち合わせ日時など、覚えておきたいトークはスクリーンショット(以下、スクショ)を撮っておくとメモとして使えます。スマホのスクショ機能でも画像を保存できますが、LINEの機能を使うと必要なトークだけを選択してスクショを撮ることができます。

さらに、面白いやり取りになったときなど、相手の個人情報を隠してシェアしたいときのために、プロフ画像を差し替えてスクショを撮ることもできます。LINEが画像を差し替えてくれるので、自分でモザイクを入れるといった加工の手間が省けます。

No image

スクショを撮りたいトークを長押しし、「スクショ」をタップします

No image

スクショを取りたいトークを1つ1つタップして選択します。「情報を隠す」をタップします

No image

すると、このようにプロフ画像が変わります。「スクショ」を押して、次の画面で保存すると、個人情報を隠したスクショ画像が完成します

2. LINEを好みのフォントに変える

LINEアプリ全体のフォントを、好みのフォントに変えることができます。かわいいフォントを選択すると、LINEを見るたびに気分が上がりますね。「着せかえ」やトークルームの背景を変更することで、さらに自分好みにカスタマイズすることもできますよ。

No image

「設定」から「LINE Labs」を開き、「カスタムフォント」をオンにします

No image

設定したいフォントのダウンロードボタンをタップして、終了後に「×」で閉じます

No image

設定したフォントに変わります

3. ミュートメッセージで通知をせずにトークを送る

最後にご紹介する機能は、2022年7月にリリースされた新機能「ミュートメッセージ」です。若者の認知度はまだこれからかもしれませんが、バイトや授業中などの相手が困るときでもメッセージが送信できるため、今後使われていくでしょう。

大人世代は、ママ友グループなど通知が多いトークルームに送るときや、深夜や早朝といった相手を気遣う時間帯に送るときに便利です。

ミュートメッセージを受け取った相手にはロック画面やバナー通知などは表示されませんが、LINEのアプリアイコンに表示される未読バッジやトーク画面の未読数には通知されます。つまり相手は、ホーム画面を見たときや、LINEを開いたときに新着メッセージに気付きます。こちらの都合の良い時に送っても、相手の負担になることがなく安心です。

No image

「設定」から「LINE Labs」を開き、「ミュートメッセージ」をオンにします

No image

メッセージ文を入力し、送信ボタンを長押しします

No image

「ミュートメッセージ」を選択します。相手に通知されることなく、メッセージを送信できます

いつも使っているLINEだからこそ、ちょっとしたテクニックでぐっと快適になります。ぜひ使ってみてくださいね。
(文:鈴木 朋子(iPhone・SNSガイド))

鈴木 朋子(iPhone・SNSガイド)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加