[関東大会予選]國學院久我山と実践学園が準決勝を制し、東京代表として関東大会へ!

[関東大会予選]國學院久我山と実践学園が準決勝を制し、東京代表として関東大会へ!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/03
No image

2021年度関東高校サッカー大会東京都予選は3日、準決勝を行った。

都立勢唯一のベスト4進出となった駒場高と19年度優勝の國學院久我山高の一戦は、前半3分に左SB飯野広陽(3年)が、5分にMF森次結哉(3年)が相次いでゴールを奪い、國學院久我山が開始早々に2点を先行。後半は駒場も盛り返して再三相手ゴール前に迫ったものの、PK失敗もあって得点は奪えず。國學院久我山が2-0で勝利し、関東大会出場権を獲得した。

実力派同士の激突となった実践学園高成立学園高は、前半35分にスムーズなパスワークから、最後はMF村田拓己(3年)がゴールを陥れ、実践学園が先制。守ってもDF秋元朝陽(3年)とDF土方飛人(3年)のセンターバックコンビを中心に、成立学園の攻撃をシャットアウト。こちらも関東大会出場を手繰り寄せている。

【東京】

[準決勝]

駒場高0-2國學院久我山高

実践学園高1-0成立学園高

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加