【先ヨミ】HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』15.7万枚で現在シングル1位

【先ヨミ】HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』15.7万枚で現在シングル1位

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2022/06/23
No image

今週のCDシングル売上レポートから2022年6月20日~6月22日の集計が明らかとなり、HKT48の『ビーサンはなぜなくなるのか?』が157,006枚を売り上げ、現在首位に立っている。

本作は6月22日にリリースされたHKT48の15作目、約1年1か月ぶりのシングルで、矢吹奈子が初めてシングル曲で単独センターを務めている。前作『君とどこかへ行きたい』の先ヨミ集計分168,235枚を少し下回る初動スタートだが、今週末でどこまでセールスを伸ばすのか、来週発表の週間チャートの結果に注目だ。

HKT48に続くのは、ジェジュンとジュンスによる『六等星』で、今週前半3日間で34,728枚を売り上げた。表題曲は6月15日に最終回が放送された今田美桜の主演ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の主題歌だ。

そして、TVアニメ『SPY×FAMILY』のオープニング主題歌「ミックスナッツ」や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の主題歌「Anarchy」など全4曲を収録したOfficial髭男dismの『ミックスナッツ EP』、ストリーミングやミュージック・ビデオが好調なSEKAI NO OWARIの『Habit』、TVアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』2期の挿入歌を収録した『Eutopia/EMOTION/stars we chase』が速報トップ5入り。

また、6月8日に発売されたSixTONESの7thシングル『わたし』の累計売上枚数が50万枚を突破した。

◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報
(2022年6月20日~6月22日の集計)
1位『ビーサンはなぜなくなるのか?』HKT48(157,006枚)
2位『六等星』J-JUN with XIA (JUNSU)(34,728枚)
3位『ミックスナッツ EP』Official髭男dism(24,027枚)
4位『Habit』SEKAI NO OWARI(18,388枚)
5位『Eutopia/EMOTION/stars we chase』鐘 嵐珠(CV. 法元明菜)、三船栞子(CV. 小泉萌香)、ミア・テイラー(CV.内田 秀) from 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(13,869枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加