セブン限定「蒙古トマタン」激辛だけどトマトが効いて魅力的〜!

セブン限定「蒙古トマタン」激辛だけどトマトが効いて魅力的〜!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/02/24
No image

「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」 セブン&アイ・ホールディングス 2月22日発売 200円(税別)https://www.7andi.com/var/rev0/0003/1951/12121893747.pdf

人気シリーズにトマトが入ったのよ

トマトは世界各国でさまざまな料理に使われていまして、今ではラーメンに入っていることもめずらしくありません。

ちなみに日本では江戸時代にトマトが伝わったものの、香りも色も当時の人たちにとってはめずらしかったこともあり、当初は観賞用とされていたそうな。食用はメインになり、品種改良が進んだのは明治以降とのこと。

そんなトマトが主役の新商品が登場。セブン&アイ・ホールディングスは即席カップ麺「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」(以下、蒙古トマタン)を2月22日から限定発売。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループの店舗にて発売されています。価格は200円(税別)。

No image

蒙古タンメン感がかなり強いパッケージ

セブンプレミアムとラーメン店「蒙古タンメン中本」がタッグを組んだ「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は、2008年から販売されており、辛旨カップ麺の定番として好評を得ています。

蒙古トマタンは、セブンプレミアム 蒙古タンメン中本シリーズで初めてトマトフレーバーをベースにした商品。スープは従来の辛旨味噌をベースに、トマト・セロリの旨みを加えたとうたう特製スープ。具材には、新たにトマトキューブを追加しています。

No image

「辛味が強いので注意してお召し上がりください」

No image

栄養成分はこんな感じ

No image

味の決め手は辛味オイル

作り方は、基本的に蒙古タンメンのカップ麺と同じです。お湯を注いで5分、食べる直前にオイルを入れる、というパターン。3分ではなく5分なので注意。

No image

フタを開けてみるとこんな感じ

No image

オイルを注ぐ

No image

辛そうですね〜

具材にトマトキューブが入っていることも手伝って、トマトの香りはするものの、もともとスープが赤いこともあり、外見だけでは従来の蒙古タンメンシリーズとの違いがわかりにくい。やはり、食べてみないことには……。

トマト感は強いし、やっぱり辛いし……のバランスがよい

No image

麺はやや太め。食べごたえあり

結論から言うと、カップ麺の蒙古タンメンシリーズを食べたことがある人なら、想像のつく出来です。味噌のコクと旨み、強烈な辛さはしっかりありますね。というか、やっぱり辛いです。最初の二口ぐらいで、一気にむせそうになりました。

ポイントはやはりトマト。小さいトマトキューブはかなり効いていて、しっかりと香りが感じられます。セロリが入ったこともあって、そこはかとなく洋風の仕立てになっている、ともいえましょうか。

No image

トマトが多く入っているのがわかります

そうはいっても、この蒙古トマタン、基本的には蒙古タンメンシリーズの辛味噌味。トマトの風味がそれをスポイルしていないのは特筆すべきです。トマト感が強い中に、しっかり蒙古タンメンの味わい、強烈な辛さもきっちり残している。このあたりのバランスは見事でしょう。

もちろん、めちゃくちゃ辛いですし、辛いものが苦手な人はさすがに厳しい。とはいえ、食べ進めていくうちに、それが徐々にマイルドに感じられるのは、トマトの旨みが効いているためだと思います。

No image

なんだかんだいっても、蒙古タンメンシリーズ。とても辛いので気をつけてほしい

単体で食べても、もちろんよろしいのですが、チーズを入れてみたり、黒こしょうを振ってみたり、思い切って納豆を入れる……なんていうのもありでしょう。しっかりした味わいなので、多少のアレンジを受け止めてくれるのではと。

筆者の場合、食べているときに「このスープを雑炊にしてみたらどうだろう」と思い立ち、スープとごはんをお椀に入れてみました。

粉チーズをかけてリゾット風にしたところ、外見はなかなかそれっぽくなりました。味噌が入っているので洋風にならず、ちょっと個性的な味になり、そこがまた楽しい。やっぱり辛いですが。

No image

ごはんを入れ、粉チーズをかけて、リゾット風の雑炊にしてみました。辛味噌味なので洋風にはなりきりませんが、それはそれで

蒙古タンメンシリーズの辛さを失わず、トマトの主張も確かにあるということで、さすがに人気シリーズだけあり、味の作り込みが魅力的な商品です。期待に違わぬ、といいましょうか。

辛さの中にも旨味あり、というバランスが蒙古タンメンの魅力だと思いますが、蒙古トマタンはトマトを加えることで、“らしさ”を残したまま新しい魅力をそなえました。ファンならずともチェックしてほしい、オススメの一杯です。

モーダル小嶋 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加