原田泰造、伊藤沙莉の解答に「出た瞬間あきらめただろ」【ネプリーグ】

原田泰造、伊藤沙莉の解答に「出た瞬間あきらめただろ」【ネプリーグ】

  • めるも
  • 更新日:2022/01/16
No image

1月10日『ネプリーグ』(フジテレビ系)で月9VS月10新ドラマ対決が放送された。月9からは菅田将暉、伊藤沙莉、尾上松也、月10からは浜辺美波、柄本佑、瀧本美織が参加。また、月9チームには名倉潤、原田泰造が、月10チームには堀内健、アインシュタイン稲田、河井が加わる。

番組序盤、月9チームチャレンジ前の質問タイムが。

自信なさげな菅田将暉

ナレーションが「負けるわけにはいかないですね」と菅田に質問をすると菅田は「そうですね」と自信なさげ。これを見て、同じチームから笑いが。さらに続けてナレーションから「恥ずかしいところは見せられませんよね」と煽られると、再び「そうですね」と更に暗いトーンで答える。先ほどより自信のないトーンのため笑いが誘われる。これに堀内が「質問がわるいぞー!」と野次を飛ばしナレーションが「失礼しました」と陳謝。菅田は爆笑する。

次にナレーションが伊藤に自信の程を確認すると伊藤は「自信はあんまりちょっと…初めてここに来させて頂いたのでわかってても緊張で飛んじゃうのが怖いなっていうのがありますね」と答える。続いてナレーションが尾上にクイズはいかがですかと聞くと「苦手なんですよ、脂汗止まんないですよ今」「恥だけはかかさないでください」と緊張した面持ちで返す。これにもスタジオに笑いが。

伊藤の懸念が現実に

月9チーム先行で早速第1問が始まる。最初の問題は一定の時間内に漢字で書かれた数式を解いて答えるというもの。菅田から始まり、四足す三を7と答え幸先良く正解。しばらく順調に正解していたが、伊藤の順番で百二十四割る二という問題が出題され、複雑な文字列にパニックになり不正解になってしまう。原田が「ゆっくり割ってみな」と声を掛けると、伊藤はすぐに62と正解を出す。これに原田は「(複雑な文字列が)出た瞬間あきらめただろ」と突っ込むと伊藤は爆笑。クイズ前の懸念が即座に出てしまった伊藤であった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加