プロボクシング元世界王者の山中 3年8カ月ぶり、3月6日に神戸で復帰戦「いい勝ち方したい」

プロボクシング元世界王者の山中 3年8カ月ぶり、3月6日に神戸で復帰戦「いい勝ち方したい」

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/01/15

元世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王者の山中竜也(真正)が3月6日に神戸市立中央体育館で3年8カ月ぶりの復帰戦に臨むことを、所属ジムが15日、明らかにした。ライトフライ級6回戦で須藤大介(三迫)を迎える。

No image

次戦に向けて必勝を期す山中竜也(左)と久保隼の元世界王者コンビ=湊川神社

山中は2018年7月、世界王者として臨んだ2度目の防衛戦で敗れ、その後に硬膜下血腫が判明。日本ボクシングコミッション(JBC)の規定で選手ライセンスが自動失効し、23歳で現役を引退した。

しかし昨年12月、再発の可能性が健常者と変わらない場合、ライセンス再発行を認めると、JBCが規定を変更。これを受け、山中は現役復帰の意向を示していた。

山中はこの日、同市中央区の湊川神社で所属ジムの必勝祈願に参加。復帰戦へ「緊張するが、いい勝ち方をしたい。引退前よりいい動きができると思う」と自信を見せた。山下正人会長は「ここで勝って世界ランキングに戻れるかが焦点。一戦でも早く世界戦ができるよう努力したい」と話した。

一方、元世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級王者の久保隼(真正)が今春、東京で約1年ぶりの試合に臨むことも判明。久保は「竜也の復帰にいい刺激を受けている。僕も世界戦までもっていけたら」と語った。(藤村有希子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加