JU鹿児島が交通遺児に寄付金を贈呈

JU鹿児島が交通遺児に寄付金を贈呈

  • MBCニュース
  • 更新日:2021/11/25

交通事故で親を亡くしたこどもたちに役立ててもらおうと、中古車販売の経営者らでつくる団体が寄付金を贈りました。

鹿児島県中古自動車販売商工組合は、1986年から毎年、交通遺児への支援活動を続けています。このほど姶良市加治木町のJU鹿児島オークション会場で、新園康男理事長が県交通被災者たすけあい協会に寄付金50万円の目録を手渡しました。

(県中古自動車販売商工組合 新園康男理事長)「わずかな寄付金ではありますが、小・中・高校生の遺児のために活用していただければありがたい」

(県交通被災者たすけあい協会 中村博之理事長)「継続して被災者のみなさんに寄付をいただけるのは、本当に感謝しています」

協会によりますと、県内には99人の交通遺児がいて、寄付金は来月のクリスマスに合わせて図書カードなどのプレゼントに役立てられるということです。

No image

JU鹿児島が交通遺児に寄付金を贈呈

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加