【巨人】中田翔、ミスターの前で豪快に6号2ラン 12日に打撃指導受け「自分のスタイルに」

【巨人】中田翔、ミスターの前で豪快に6号2ラン 12日に打撃指導受け「自分のスタイルに」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/06/23
No image

巨人対DeNA 6回裏巨人2死二塁、右越えに2点本塁打を放つ代打中田(撮影・菅敏)

<巨人-DeNA>◇23日◇東京ドーム

巨人中田翔内野手(33)が、ミスターの前で反撃の6号2ランを放った。

6回2死二塁に代打で登場。代わったばかりのDeNAクリスキーの2球目、154キロの直球を右翼席に運んだ。26日ぶりの本塁打で一時は7点あったビハインドを3点まで縮めた。「コンパクトに芯でしっかりと捉えることができました。ホームランになって良かったです」と喜んだ。

2軍調整中の12日、ジャイアンツ球場を電撃訪問し、打撃指導を受けた長嶋茂雄終身名誉監督(86)が、この日は東京ドームに観戦に訪れた。「長嶋さんに教えてもらえた、関われたのは自分の野球人生で財産になっていくと思う。前回言われたことも覚えてるし、長嶋さんがおっしゃっていたことを支点にいろいろと考えて、自分のスタイルにしていけたら」と話していた中田が、ミスターの目の前で豪快な1発を披露した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加