【戸田ボート・ルーキーS】若手ホープ・新開航 自信みなぎる「上位は間違いない」

【戸田ボート・ルーキーS】若手ホープ・新開航 自信みなぎる「上位は間違いない」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/01/16
No image

新開航(東スポWeb)

ボートレース戸田「スカパー!・JLC杯戸田ルーキーシリーズ第1戦」は16日、いよいよ最終日を迎え、12Rで優勝戦が争われる。

15日=5日目に行われた準優3番勝負はイン逃げ3連発。その結果、中村泰平(25=愛知)がファイナル1号艇を勝ち取った。とはいえ、ベスト6はいずれ劣らぬ俊英ばかり。激戦は避けられそうにない。

中でもダークホースとみられるのが新開航(25=福岡)だ。将来有望な若手の宝庫、福岡支部期待のホープが2022年の飛躍を狙っている。予選、準優ラウンドは9戦5勝2、3着各2回ずつ。4着以下のない抜群の安定感で、勝負どころの準優戦も盤石の逃げを決めて優出一番乗りを果たしている。

エンジン気配も序盤から絶好調。〝超〟のつく抜群レベルで「出足がいいし回り足も悪くない。伸びもいいという人にも出られることはない。畑田(汰一)君もいい足なので節一かは分からないが上位は間違いない」と自信満々の口ぶり。

優勝戦は中村、馬場剛、仲谷颯仁とオーバーエージ枠のA1級3者が先輩の意地と底力をみせるべく大きく立ちはだかるが、これに敢然と立ち向かう。「優勝できる足だし、狙っていく」と2020年10月のびわこルーキーS以来となるVをもぎ取ってGI戦線、そしてまだ見ぬSG出場への道を切り開くつもりだ。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加