巨人・吉川尚輝 死球受けた左手中指は骨折 病院で診断

巨人・吉川尚輝 死球受けた左手中指は骨折 病院で診断

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

1回、死球を受け、痛がる吉川(撮影・北村雅宏)

「オリックス6-0巨人」(10日、京セラドーム大阪)

巨人・吉川尚輝が初回、左手に死球を受けて途中交代した。この後、大阪市内の病院で診察を受け、左手中指末節骨骨折、左手中指爪根脱臼と診断された。

オリックスの先発は山崎福。2死走者なしの場面。カウント0-2からのボールをのけぞりながらよけようととしたが、左手の指付近に死球を食らった。

治療のためベンチへ下がった後、代走に北村が送られた。

今季はここまで打率・312、3本塁打、10打点と特に交流戦で調子を上げていた。原監督は「全力の中でね、やっていることだから。残念ではあるけどね。受け止めないとね。わざとじゃないしね」と語った。

11日から故障班に入る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加