税抜3万円台のファーウェイ「HUAWEI P40 lite 5G」はフツーのAndroidに飽きた人に

税抜3万円台のファーウェイ「HUAWEI P40 lite 5G」はフツーのAndroidに飽きた人に

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/07/11
No image

「HUAWEI P40 lite 5G」は、ファーウェイが販売するSIMフリーの5G対応スマートフォンです。ファーウェイは日本市場で3機種の5Gスマホをリリースしていますが、2機種(HUAWEI Mate 30 Pro 5G、HUAWEI P40 Pro 5G)はハイエンドモデルで、このHUAWEI P40 lite 5Gが唯一のミドルレンジモデルです。量販店やECサイトでの実勢価格は4万3780円(税込)。2020年6月末の時点で、日本で買えるもっとも安い5Gスマホと言っていいでしょう。

お手頃価格の「lite」シリーズだが、かなりハイスペック

HUAWEI P40 lite 5G(以下、P40 lite)は、「lite」と付いているため、HUAWEI P20 lite、HUAWEI P30 liteなど、例年大ヒットを記録する「P lite」シリーズの後継機と思われがちですが、実際は従来のP liteシリーズよりも高いスペックを備えています。

No image

サイズは約75×162.3×8.58mmで、重さは約189g。6型以上の大画面が当たり前となった最近の機種の中では平均的なサイズという印象

No image

HUAWEI P40 lite 5Gのカラバリは、スペースシルバー、クラッシュグリーン、ミッドナイトブラックの3色

No image

HUAWEI P40 lite 5Gと同時に発売された、4Gモデル「HUAWEI P40 lite E」が、従来のP liteシリーズの後継と言える

CPUにはHUAWEI Kirin 820(2.36GHz×1+2.22GHz×3+1.84GHz×4)を採用し、メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GGB。“ほぼハイエンド”と呼べる構成です。ストレスを感じることなくサクサクと操作でき、スマホの処理速度を比較する「AnTuTu Benchmark」アプリでも、ミドルレンジの中では最上位といえるスコアを記録しました。

No image

「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークを測定した結果。ミドルハイの機種は30~35万点あたりが多いが、それを上回るスコアをマークした

ディスプレーは6.5型で、解像度は2400×1080ドット。パンチホール型のインカメラを搭載することで、広い画面占有率を実現しています。有機ELではなくTFT液晶ですが、文字も写真もキレイに表示できます。今やほとんどのスマホに搭載されている「ブルーライトカットモード」に加えて、「eBookモード」が搭載されていることも利点。画面を電子ペーパーのようなモノクロ表示に切り替えられる機能で、目の疲れを軽減してくれる効果も期待できそうです。

No image

約6.5型の大画面ディスプレーに、撮影した写真などをビビッドに表示できる

No image

「eBookモード」は目にやさしく、省電力にもつながる

右サイドには電源ボタンと音量ボタンを搭載し、電源ボタンには指紋センサーも搭載されています。個人的には、指紋センサーは背面やディスプレー内にあるほうが便利だと思いますが、ロック解除はスピーディーで、スマホを右手で持つ人には使いやすい印象です。なお、顔認証にも対応しているので、使い勝手や解除の速さを優先するなら顔認証を優先して使うことをオススメします。

No image

ファーウェイのスマホでは珍しく、側面に指紋センサーを搭載

左サイドには、SIMスロットを搭載。nanoSIMを2枚セットでき、1枚はNMカード(記録メディア)との排他利用となっています。筆者が使った期間に5Gへの接続を試せる機会はなかったのですが、5GのSIMと4GのSIMを挿して、同時待ち受けもできます。

No image

ファーウェイのスマホでは珍しく、側面に指紋センサーを搭載

底部にはUSB Type-Cポートとイヤホンジャックを搭載。充電しながら、ゲームや映画視聴などをしやすいことが利点と言えるでしょう。

No image

USBポートとイヤホンジャックを兼用する機種が増えている中、独立した3.5mm穴のイヤホンジャックを搭載。充電しながら、イヤホンを着けて映画鑑賞やゲームなどを楽しめる。なお、イヤホンは付属している

バッテリー容量は4000mAhで、筆者が使った限りでは“ギリギリ2日持つかも”という印象。しかし、最大40Wの急速充電に対応しているので、充電器を持ち歩いていれば、電源のある場所で素早く充電できます。残量を気にしながら使うよりも、ピンチになる前に急速チャージ。それが得策と言えるでしょう。

No image

2つの省電力モードも備えている

メインが約6400万画素のクアッドカメラ搭載で画質も良好!

背面に搭載されたカメラは、メイン(約6400万画素/F1.8)+超広角(約800万画素/F2.4)+マクロ(約200万画素/F2.4)+深度測位用(約200万画素/F2.4)という4眼構成です。メインカメラに1/1.7インチの大型CMOSセンサーを採用していることも注目すべきポイントです。

No image

右から超広角カメラ、メインカメラ、深度測位用カメラ、マクロカメラの順に並ぶ

No image

インカメラは約1600万画素でF値2.0

AIによる被写体・シーン認識に対応しており、シャッターを押すだけで鮮明な画質で撮れます。メインカメラで撮影する場合は、実際に見えるよりも若干明るく、透明感のある色合いで撮れる印象を受けました。望遠カメラは搭載していませんが、5倍ズームくらいまでなら、画質の劣化はさほど気にならないでしょう。

No image

超広角カメラ(0.5×)で撮った作例

No image

メインカメラ(1×)で撮った作例

No image

デジタル2倍ズーム(2×)で撮った作例。噴水の水しぶきもキレイに写すことができた

No image

カフェのテラス席でスイーツを撮った作例

No image

マクロカメラは被写体から約4cmの距離に近づいて撮影可能

No image

「夜景」モードで撮影した作例

No image

超広角で夜景を撮ると若干暗く写るが、こちらのほうがリアルな夜景っぽい色合いとも言えよう

ファーウェイの上位モデルから受け継がれた多彩な撮影モードも楽しめます。たとえば「デュアル表示」を選択すると、2つのカメラを同時に起動して動画を撮影できます。アウトカメラとインカメラを同時に起動して、何かをレポートしたり、超広角カメラで全体を捉えつつ、メインカメラでズームアップをしたりと、シチュエーションや用途に合わせて臨機応変に活用できそうです。カメラで捉えた物の買えるECサイトを調べたり、食べ物を捉えて栄養成分を調べるといったこともできます。

No image

カメラアプリの「その他」から選択できる撮影モード

No image

4Kビデオも撮影可能

No image

画面を2分割し、2つのカメラで写した動画を記録できる「デュアル表示」。横向きでも撮影可能

No image

カメラアプリを起動し、左上のアイコンをタップすると、カメラを用いた多彩なリーダー機能を利用できる。これは「ショッピング」を選択した場合

No image

これは「カロリー」を選択した場合

GMSには対応していないが アプリ不足には困らないかも!?

HUAWEI P40 liteは、GSM(Google Mobile Services)に対応していないので、Google純正のアプリが利用できず、「Playストア」もインストールされていません。その代わり、ファーウェイ独自にHMS(Huawei Mobile Services)に対応し、「HUAWEI AppGallery」というアプリストアからアプリをダウンロードできるようになっています。

Googleアプリが使えないことを不安に感じる人は少なくないでしょうが、いくつかの代替策が講じられています。Googleアップ、YouTubeなど、Googleが提供するサービスはウェブ版を利用できますが、「ブラウザ」アプリには、あらかじめ主要なウェブサービスのブックマークが登録されています。

No image

「ブラウザ」からGoogleマップ、YouTube、Twitter、Facebookなどにアクセス可能

No image

「メール」アプリにはGmailのアカウントも設定できる

なお「メール」「カレンダー」「電卓」「音声レコーダー」といった基本アプリはもれなく揃っているので、日常的な用途で不便が生じることはないでしょう。「LINE」はHUAWEI AppGalleryからダウンロードできます。

No image

マイクロソフトの「Office」の統合アプリもプリインストールされている

No image

ディスプレーの左右端から内方向にスワイプして、マルチウィンドウで使えるアプリを選択できる機能もん便利

No image

外国語表示のウェブページを表示して、プリインの「翻訳」アプリで、単語の意味を調べるといったことも可能

使いたいアプリがHUAWEI AppGallaryに見当たらなかった場合、「Phone Clone」というアプリを使って、今まで使っていたスマホからアプリのデータを移すこともできます。ただし、すべてのアプリを移せるわけではなく、移行しても起動できなかったり、アップデートができなったりというリスクは伴います。

No image

今まで使ってきた機種からのデータ移行に使える「Phone Clone」。Android端末からは一部のアプリのデータも移せる

【まとめ】アプリ探しを楽しめる人なら買い

ほかに、Amazon.co.jpのウェブサイトから「Amazonアプリストア」アプリをダウンロードして、そこからアプリを入手するといったことも自己責任でできます。こうしたアプリ探しを積極的に楽しめそうな人は、使ってみる価値はあるでしょう。実は筆者、GMS非対応のHUAWEI Mate 30 Pro 5Gを使っていますが、そんなに不便を感じていないというか、むしろときどき生じる不便を克服することを楽しんでいたりします。

HUAWEI P40 lite 5Gは、スペックを考えると激安とも言える端末です。フツーのAndroidスマホとはひと味違う新しい体験をしたい人、とりわけ「いち早く5Gにつながってみたいが、端末コストは抑えたい」という人にオススメします。

No image

■関連サイト

ファーウェイ・ジャパン

村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加