「ロボット配送」のウラ側 新サービスの課題

「ロボット配送」のウラ側 新サービスの課題

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/11/25
No image

記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

ロボットが商品を届けてくれる時代が来た。

楽天は11月、茨城・つくば市で、西友とスターバックスコーヒーの商品を無人ロボットが配送するサービスを開始。

価格は1回110円だが、課題がある。

注目のウラ情報は「人の立ち会いが必要」。

現在の道路交通法では、ロボットの近くに人が立ち会わないといけないが、2023年4月には規制緩和され、遠くからの監視でOKになる。

現在は、つくば市の一部地域だけだが、楽天は今後、対象地域を拡大していく予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加