ヒーロートーク ヤクルト・小川、高津監督から「完封しろ」も「そこまで甘くない」

ヒーロートーク ヤクルト・小川、高津監督から「完封しろ」も「そこまで甘くない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

マウンド上で躍動するヤクルト・小川泰弘(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、ヤクルト1-0阪神、20回戦、ヤクルト6勝11敗3分け、15日、神宮)ヤクルトが無失点リレーで3連敗を阻止した。小川は要所で粘り、八回途中まで6安打に抑えて7月3日以来の8勝目。清水が八回に好救援、マクガフが20セーブ目と、一回の村上の適時打による1点を守った。小川との一問一答は以下の通り。

--清水、マクガフの継投で逃げ切った

「ピンチでマウンドを譲ってしまった。最後まで投げ切る気持ちはあったが、あとは仲間を信じて応援していた」

--首位・阪神との直接対決

「ここ2試合、不甲斐ない投球でチームに迷惑をかけていた。きょうはなんとか長いイニングを投げられてよかった」

--投球を振り返って

「毎回ピンチを作ってリズムを作れなかったが、この1週間、走者を出してから粘ることをテーマに取り組んでいた。そういうことを出せた。野手も声をかけてくれて古賀も強気でリードしてくれて、自分の良いところを出せた」

--八回もマウンドへ

「七回を終わった時点で(高津)監督の方から『完封しろ』と声をかけられた。ギアを上げて投げ切りたかったが、そこまで甘くないなと思った」

--今後へ向けて

「首位を目指して全員で団結してがんばっていきたい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加