Apple Watchの血圧測定機構に関する新たな特許が出願

Apple Watchの血圧測定機構に関する新たな特許が出願

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/08/07
No image

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年8月4日、Appleが出願した、Apple Watchによる血圧測定に関する新たな特許を公開しました。

液体充填式カフを用いた血圧測定機構

公開された特許には、Apple Watchによる血圧測定において、液体充填式カフ(加圧用の袋)を用いると記されています。

Appleはこれまで、センサーを用いたApple Watchでの血圧測定機構に関する特許も出願していました。

Apple Watchでの血圧測定が実現するのは、2025年と予想されています

Apple Watch用バンドに血圧測定機構を搭載

今回の特許では、Apple Watchの血圧測定機構(図表1Aの102)に液体充填式カフ(110)を用いることが説明されています。

血圧測定を行う際は、液体充填式カフ(図表1Bの110)が拡張して、ユーザーの動脈(103)を圧迫します。

その後、カフ内の圧力を減圧しながら、拡張期と収縮期の血圧を測定します。

No image

本方式での血圧測定であれば、血圧測定機構を組み込んだApple Watch用バンドに交換するだけで、全てのApple Watchで利用可能になるかもしれません。

Source:USPTOviaPatently Apple

Photo:Hello Heart

(FT729)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加