豊島将之九段が鮮やかな逆転勝ち 梶浦宏孝七段を破る 将棋・朝日杯

豊島将之九段が鮮やかな逆転勝ち 梶浦宏孝七段を破る 将棋・朝日杯

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"本戦1回戦で梶浦宏孝七段(手前)と対局する豊島将之九段=2022年1月15日午前10時4分、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場、岩下毅撮影"

第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦1回戦の梶浦宏孝七段(26)―豊島将之九段(31)戦が15日午前10時から、名古屋市の名古屋国際会議場で指された。序盤は梶浦七段がリードしたが、混戦模様になり、最後は豊島九段が鮮やかな寄せを決め、8強入りを決めた。

藤井聡太四冠の成長、乗り越えた豊島前竜王の壁 記者が見つめた姿

梶浦七段は、鈴木大介九段(47)門下の精鋭。今回の朝日杯では、八代弥(わたる)七段(27)、深浦康市九段(49)、戸辺誠七段(35)に3連勝して1次予選を突破。2次予選では広瀬章人(あきひと)八段(34)、佐藤康光九段(52)に連勝して本戦入りを決めた。八代七段は第10回朝日杯の優勝者。深浦九段も朝日杯の前身である朝日オープン将棋選手権や全日本プロ将棋トーナメントで優勝経験がある。強豪を連破しての本戦進出は見事だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加