阪神梅野「ピンチで助けられた」納得のバズーカ健在

阪神梅野「ピンチで助けられた」納得のバズーカ健在

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

阪神対広島 1回表広島1死一塁、梅野は二盗を試みた羽月を刺す。打者は野間(撮影・加藤哉)

<練習試合:阪神4-3広島>◇21日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

「7番捕手」で先発した阪神梅野隆太郎捕手(29)が、梅ちゃんバズーカの健在ぶりを見せた。初回1死一塁。盗塁を試みた一塁走者の羽月を矢のような二塁送球で封殺。3回1死三塁では、飛び出した三塁走者の石原をストライク送球で刺した。「けん制は自分の中では納得したものだった。短いイニングやけど、ピンチのところで助けられたし、すごく個人としては良かったかなと思います」。3回でお役御免でも納得のプレーだった。

リード面では先発藤浪をサポート。「引き出しとして増えた3イニングだったんじゃないかなと思う」。高速フォークについては「球種として多分結構使えるんじゃないかなと。すごい、良かったとしか言いようない」と振り返った。ファウルが右足首とふくらはぎを直撃する場面もあり、痛みはあるものの「腫れが引けば、骨には影響ないと思うんで」と大事には至らなかった様子。着実に段階を上げ、調整を続ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加