長野県飯綱町にて特別記念講演会「火山灰からわかる飯綱町周辺の成り立ち」を開催

長野県飯綱町にて特別記念講演会「火山灰からわかる飯綱町周辺の成り立ち」を開催

  • ママテナ
  • 更新日:2021/11/25
No image

長野県上水内郡飯綱町では、「飯綱町の文化財展」関連企画として「いいづな歴史ふれあい館 第3回特別記念講演会」を12月4日(土)13:30~15:00に開催する。

信州大学准教授の竹下氏による講演

第3回特別記念講演会の内容は、信州大学准教授の竹下欣宏(たけしたよしひろ)氏による「火山灰からわかる飯綱町周辺の成り立ち」。火山灰の情報から、町の自然や歴史を支える北信濃の大地の成り立ちを読み解く。竹下氏の専門は第四紀地質学。これまで、御岳山、伊那・松本・長野盆地、野尻湖、インドネシアのジャワ島などを研究。火山灰の調査でチバニアンの研究チームにも参画している。

先着順・定員100名無料にて参加可能

飯綱町民会館ホールで実施され、誰でも無料で参加できる。参加希望者は、事前予約が必要で、歴史ふれあい館に直接電話で申し込む。先着順定員100名。詳細はイベントページにて確認を。

この機会に、飯綱町の成り立ちを学んでみては。

■いいづな歴史ふれあい館 第3回特別記念講演会

会場:飯綱町民会館 ホール

住所:長野県上水内郡飯綱町大字牟礼1989

日時:12月4日(土)13:30~15:00

いいづな歴史ふれあい館 講座・イベント:https://www.town.iizuna.nagano.jp/docs/432.html

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加