【麒麟がくる】明智光秀役・長谷川博己の新ビジュアル

【麒麟がくる】明智光秀役・長谷川博己の新ビジュアル

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/24
No image

大河ドラマ『麒麟がくる』明智光秀(長谷川博己) (C)NHK

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の主人公・明智光秀役で主演を務める長谷川博己の新ビジュアルが公開された。甲冑を着た武将らしい姿で、まなじりを決した長谷川の顔は、クライマックスが刻々と近づいていることを感じさせる。

【写真】「比叡山焼き討ち」まで待ったなし

穏やかな世を作れる者だけが連れてこられる、麒麟という不思議な聖獣を呼び寄せることができる人物は誰か、と常に思案し、苦悩しながら生きてきた光秀。しかし、麒麟がくる穏やかな国をつくるためには、自分が間違っていると思う敵を倒さなくてはいけない。究極の自己矛盾を自覚しながら、光秀は戦い本格化していく。

22日に放送される最新エピソード、第33回「比叡山に棲(す)む魔物」では、四方を敵に囲まれ窮地に立たされた織田信長(染谷将太)のために、光秀は朝倉に和議を申し込むべく、比叡山に陣を構える義景(ユースケ・サンタマリア)の元へ潜入する。義景が頼る延暦寺の天台座主・覚恕(春風亭小朝)と面会するが、覚恕は自分から領地や金を奪った信長を許さないという。

そんな折、尾張で信長の弟・信興が一向宗に討たれ、事態は切迫。信長は京を捨て尾張に戻ろうとするが、光秀は今までの苦労が水の泡になると再び説得する。すると信長は将軍(滝藤賢一)ではなく、帝(坂東玉三郎)を通じて周囲と和議を結ぶことを思いつく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加