NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
異例再試合は米子松蔭がサヨナラ勝ち「境高校の思いを胸に甲子園に」/鳥取

異例再試合は米子松蔭がサヨナラ勝ち「境高校の思いを胸に甲子園に」/鳥取

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

高校野球鳥取県大会 米子松蔭対境 9回裏米子松蔭2死満塁、小野陽一朗のサヨナラにつながる一打で二走の山崎泰輝が生還。大喜びの米子松蔭ナイン(撮影・加藤孝規)

<高校野球鳥取大会:米子松蔭3-2境>◇2回戦◇21日◇どらやきドラマチックパーク米子

1度なくなった試合で、その後再試合が決定した注目の対決は、米子松蔭が逆転サヨナラ勝ちで3回戦進出を決めた。2点を追う9回、無死一、三塁から山崎泰輝投手(3年)の中前への適時打で1点差に迫ると、2死満塁から4番小野陽一朗外野手(3年)が左前へのタイムリーを放った。2人の走者をかえし、劇的な幕切れとなった。

ツイッターで勇気ある声を上げた米子松蔭・西村虎之助主将(3年)は「1回出場辞退という形になって、非常に悔しい、つらい思いをしたんですけど、全国の方々が応援、協力をしていただいたおかげで、僕たちはこの場に来られた。全国の方々に感謝したいと思います」と冒頭に話し、加えて「境高校が承諾してくれたおかげで、僕たちが試合することができた。境高校の思いを胸に、絶対に甲子園に行って、応援していただているみなさんにも恩返ししたい」と力を込めた。

米子松蔭は、17日未明に同校関係者が新型コロナの感染が発覚した影響で、大会の出場辞退を強いられ、同日に予定されていた2回戦は境の不戦勝となっていた。そこから西村主将がツイッターで18日昼に「僕たちは夏の大会に向けて、甲子園目指して、必死に練習してきました。何とか出場する道を模索していただけませんか?」と訴えたツイートが瞬く間に拡散され、各界著名人がリツイートなどで反応。鳥取県高野連が異例の対応を取り、不戦敗取り消しに至っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加