広島・鈴木誠が110打席ぶりの適時打「ランナーを返すことができて良かった」

広島・鈴木誠が110打席ぶりの適時打「ランナーを返すことができて良かった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

3回、鈴木誠は左翼線に先制適時二塁打を放つ(撮影・山口登)

「阪神-広島」(2日、甲子園球場)

広島の鈴木誠が、3月31日・阪神戦(マツダ)以来、自身110打席ぶりの適時打を放った。

三回の第2打席。1死二塁から阪神先発・ガンケルから左翼線に適時二塁打。相手の守備が乱れる間に三塁を陥れた。本人は球団を通じ「ランナーをかえすことができて良かったです」とコメント。3月31日以来、約1カ月ぶりに出た主砲の適時打で先制点をもぎ取った。五回はクロンが右前への適時打で3点目を奪ったが、チームは阪神に逆転を許して、五回を終えて3-5と劣勢に立たされている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加