熱中症に警戒 午前中に35°C以上の猛暑日 すでに全国のアメダス約7割で30°C以上

熱中症に警戒 午前中に35°C以上の猛暑日 すでに全国のアメダス約7割で30°C以上

  • tenki.jp
  • 更新日:2021/07/20
No image

20日は、強い日差しが照りつけている所が多く、気温の上がり方が早くなっています。午前中に京都市などで、35℃以上の猛暑日になりました。万全な熱中症対策が必要です。

京都市など午前中に35℃以上の猛暑日

20日も日本列島は暖かい空気に覆われています。広く強い日差しが照りつけ、正午までの最高気温は、全国で最も高かったのは、群馬県高崎市で35.6℃と、次いで岩手県奥州市江刺愛宕で35.3℃、福島県伊達市と福島市で35.2℃、京都府京都市、兵庫県朝来市和田山、島根県出雲市で35.1℃、岩手県一関と山形県新庄市、福島県石川町、群馬県桐生市、岐阜県下呂市萩原で35.0℃と、35℃以上の猛暑日になりました。
正午までの最高気温は、全国にあるアメダス919地点(富士山・南鳥島を除く)の約7割で、30℃以上になっています。

予想最高気温 大阪や福岡など36℃

No image

20日の予想最高気温は、きのう(19日)と同じくらいの所が多く、盛岡市や長野市、大阪市、福岡市は36℃、広島は35℃です。北海道の帯広市も35℃です。外出はなるべく避け、室内をエアコンなどで涼しい環境にしてお過ごしください。

夜も熱中症に注意

No image

夜になっても気温は高めで、九州から東北の平野では、25℃を下回らない所が多いでしょう。寝る前にコップ1杯の水を飲むなど、夜でも、熱中症対策が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加