カレーブームが続く京都!南区 吉祥院にも本格スパイスカレー店「京都カレー」

カレーブームが続く京都!南区 吉祥院にも本格スパイスカレー店「京都カレー」

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2022/08/05

京都市南区 吉祥院天満宮近くの住宅街にオープンした本格スパイスカレー店「京都カレー」なり。

南区 吉祥院にオープンしたスパイスカレー店

No image

お店の場所は、南区 吉祥院天満宮の北西近くにある住宅街。最寄り駅は西大路駅ですが、普通は車で来ることが多そうな場所。
目印はお向かいにある銭湯、船戸湯の煙突。お店の名前は「京都カレー」、2022年の2月にオープンされたニューカマーなのだ。

No image

外にメニューが掛けてあったのですが、カレーの内容は不明。これは店内で確認だ!ということに。

No image

家族経営店らしきお店。L字型カウンターが10席ほど、2人テーブルが1、4人テーブルが1という1人で回すには広めのお店。カレーは2種のあいがけまでは可能、メニューは黒板をどうぞということで・・・

No image

黒板メニューがこちら。本日は4種のカレーがスタンバイ。季節変わりで色々試行錯誤されている模様ですな。カレー1種は¥1000で、2種合いがけは+¥100で出してくれるのだ。色々トッピングがあるのですが、今日はシンプルに2種合いがけで!ということに。休日は+¥150!でライスをビリヤニに変更できるので、当然変更。それでも¥1250というお手軽価格設定。

待っている時間内に有線放送なのか、懐かしの昭和歌謡!がBGMで流れていて、久々に山本リンダの「どうにもとまらない」、それにMANNAの「でてこいとびきりZENKAI パワー!」をフルコーラス聞いてしまいつつ、カレーを待つのですな。

No image

二日酔いにはラッシーが良い!と聞いた記憶が微かにあり(?)、つい注文してしまったラッシーは実質¥250なり。スプーンを渡され、よくかき混ぜてくださいね!ということなのですが、蜂蜜がコップの底にしっかり入っていて、なんだか動きを止めていた胃が元気になりそうな、そんな感じで。 濃厚で旨しです。

あいがけもOK!

No image

で、実は来る前にお店のインスタで、現在出している限定カレーのビジュアルにやられてやってきたのですが、ババーン!ですな。着席12分後登場。手前がそのスルメイカとココナッツのカレー、奥が京都ポークの辛口カレーなり。ココナッツのふりかけ「ポルサンボル」が添えてある本格スリランカ風を目指しているカレー!という感じなのだ。いや水菜も乗ってますけれど。

スルメイカのカレーは見たまんまでイカがごろんごろん、イカ出汁が十分に出ていて、ココナッツミルクの旨味と程よい辛さの調和が美味しい。塩分の乗せ方がお上手ですな。で、個人的にこれはうめえや!と特筆すべきは...

No image

チキンビリアニに隠れている「京都ポークの辛口カレー」なり。豚ロースの角切りがごろんごろんと入っていて、カレーペーストでお肉をまぶしているというような概ね汁無し系。結構ガシッと辛味・酸味を乗せてあり、色の黒さはタマリンド由来ではないかと想像するのですが、豚の脂身と超調和するのだ。次回はこれだけで食べてみたいかも! おすすめいたします!

No image

相方はシーフード系で合いがけできるなんて珍しいよね!と、スルメイカカレー、それに海老とココナッツのカレーを合いがけで。お味のベクトルは同じ方向なのですが、ちゃんとダシ味でキャラを変えてある芸の細やかさ。これまた美味しいですな。

ビリアニもちゃんと炊き込み系で、単体ではぐっと押さえた味わいでこれまた正統派。カレーをまぜまぜして適宜食うべし!なのだ。量的にも良い感じ。他のネット上情報を見るとご飯大盛りは+¥100で、ごらんの1.5倍量ぐらいになるので、良く食うおっさんならぜひ。

ちょこちょこ限定モノを入れ替えておられるようで、多分また来る機会がありそうな予感。ご馳走様でした、美味しかったです!

店舗情報

店名:京都カレー
住所:京都市南区吉祥院船戸町39-1 クローバーハウス 1F
営業時間:11:00~15:00 (L.O. 14:45) / 17:30-20:00(LO.19:45)
定休日:木曜日・月火水夜休
TEL:075-662-3911

スイカ小太郎。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加