【日本ハム】清宮幸太郎が延長10回に通算2個目の犠打 好機広げ無失点記録の楽天宮森から得点

【日本ハム】清宮幸太郎が延長10回に通算2個目の犠打 好機広げ無失点記録の楽天宮森から得点

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

楽天対日本ハム 10回表日本ハム無死一、二塁、犠打を決める清宮(撮影・佐藤翔太)

<楽天-日本ハム>◇23日◇楽天生命パーク

日本ハムの4番清宮幸太郎内野手(23)が延長10回に今季2個目の犠打を決めた。無死一、二塁の場面で打席に入ると、楽天宮森が投球モーションに入る前からバントの構え。初球は空振りしたが、カウント2-1からの4球目を転がして犠打を成功させた。清宮は6月10日中日戦(札幌ドーム)でプロ初犠打を決めており、これが通算2個目の犠打となった。

清宮のバントで1死二、三塁と好機を広げて、続く上川畑が左前適時打。日本記録タイのデビューから22試合連続無失点だった宮森から勝ち越し点を奪った。さらに1死二、三塁から代打松本剛が2点適時二塁打を放ち、木村にも適時打が出て、この回に一挙4点を勝ち越した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加