感謝祭イベントを主催したブラッドリー・ビール「地域貢献はバスケよりも大事」

感謝祭イベントを主催したブラッドリー・ビール「地域貢献はバスケよりも大事」

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/11/25
No image

コミュニティ感謝祭イベントを主催したブラッドリー・ビール[写真]=Getty Images

11月25日(現地時間24日)、ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールが主催するコミュニティ感謝祭イベントの模様を、クラブ公式Twitterが動画で伝えた。

同日にサンクスギビングデイ(感謝祭)を迎えたアメリカでは、過酷なシーズンを戦うNBA選手たちも貴重な休みを過ごしている。先日にはウィザーズの親会社であるモニュメンタル・スポーツ&エンタテインメント社が、ビールが主催するコミュニティ感謝祭イベントを開催。イベントにはアンソニー・ギルやモンテ・モリスの姿もあり、選手たちが地域の人たちと交流を深めている様子が伝えられた。

ウィザーズ一筋11年目のビールは「僕にとってこれがすべてだ。これ以上のことはないよ。地域に貢献することはバスケよりも大事だ。地域の人たちと触れ合ってみんなを元気にして、少しでもインパクトをもたらせればと思っている」と地域貢献への思いを熱心に語った。

また、WNBAに所属するワシントン・ミスティックスのナターシャ・クラウドもイベントに参加しており、「私たちはこの地域が大好きなの。ブラッドはすごく熱心だから、私たちが参加することによって彼を後押しすることにもなるわ」と同じくワシントンに本拠地を置くチームの一員として、ビールの思いに賛同した。

さらに、ウィザーズのインサイドを支えるダニエル・ギャフォードが「Tシャツやくつ下など、みんなが冬を暖かく過ごせるような衣類をプレゼントしたよ」と語ると、最後にはビールが「皆さん、感謝の気持ちを常に忘れずに。ハッピーホリデー!」と動画を締めた。

現在ウィザーズは八村塁に加え、ビールなどガード陣にケガ人が出ている苦しい状況だが、10勝8敗でイースタン・カンファレンスの6位とプレーオフ進出圏内を保っている。サンクスギビングでリフレッシュした選手たちは、26日にマイアミ・ヒートと敵地での対戦に臨む。

【動画】ブラッドリー・ビール主催のコミュニティ感謝祭イベントの模様

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加