ミンチを使わずレンチンだけで!? 「お肉ごろごろボロネーゼ」の秘密は...

ミンチを使わずレンチンだけで!? 「お肉ごろごろボロネーゼ」の秘密は...

  • CHANTO
  • 更新日:2021/04/08
No image

家族みんなで食べるご飯と比べ、一人で済ませる食事は手を抜きがち。しかし手軽に作れるなら、美味しいメニューが食べたいものですよね。今年3月放送の『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)では、絶品一人飯のレシピを紹介していました。

電子レンジだけで完結する「お肉ゴロゴロボロネーゼ」

もはや同番組の代名詞と化した「超一流料理人がジャッジ」する企画。今回の放送では料理研究家・ジョーさん。が自慢のレシピを持ち寄り、料理人のジャッジを受けています。なかでも話題を呼んだのは、ミンチ肉の代わりにハンバーグを使用する「お肉ゴロゴロボロネーゼ」でした。

作り方はいたってシンプルで火も使いません。まずは耐熱容器に半分に折ったパスタ100gと水200cc、顆粒タイプのコンソメ小さじ1/2を投入。600Wの電子レンジに入れ、パスタの袋に表示されている分数に1分足した時間を設定します。次にレトルトのハンバーグ1個を袋の上から粗めに潰し、加熱したパスタにトマトジュース100ccとハンバーグをのせましょう。最後にこしょう適量をかけて電子レンジで2分間温めれば完成です。

さつまいもとバニラアイスだけで「スイートポテト」が作れる!?

同番組では主食だけでなくおやつの「スイートポテト」も登場。材料はなんとさつまいもとバニラアイスだけで、調理工程も簡単な上に見た目もおしゃれです。最初にさつまいも1個を皮つきのまま縦半分に切り、断面に水大さじ2をかけてください。水に濡れた状態で600Wの電子レンジに入れ、6分間加熱します。

続いてバニラアイス1/2個とバター15gを1分間加熱。溶けたアイスとバターに、くり抜いたさつまいもの身を加えましょう。アイスとさつまいもをしっかり混ぜ合わせてから、身をくり抜いたさつまいもに投入。表面には卵黄1個分を塗り、トースターで約5分間焼けばできあがりです。

簡単に作れるスイーツとボロネーゼに、視聴者からは「このスイートポテトなら子どもと一緒に作れそう!」「ミンチを炒める工程がないボロネーゼって新鮮だね」といった声が寄せられました。

塩昆布とサーモンの相性抜群な“ごはんのお供”

番組内でレシピを披露したジョーさん。は、Twitterにもレシピを掲載しています。今回はその中からおつまみやごはんのお供にぴったりな「サーモンの塩昆布漬け」の作り方を見ていきましょう。

作り方は刺身用のサーモン150gに塩昆布大さじ1強をまぶす工程からスタート。全体にまぶしたらラップをぴっちりかけるか、ジップロックに入れて20分ほど漬けるだけで完成です。サーモン以外の白身魚を使用しても美味しく作れますが、保存期間は丸一日寝かせるまでとして、早めに食べ切るのがおすすめだそう。

工程の数が少なく、超手軽に一品プラスできるレシピの数々。場面を選ばず活躍するので、ジョーさん。考案のレシピをレパートリーに加えてみてくださいね。

文/古山翔
参照/ジョーさん。公式Twitter「@syokojiro」https://twitter.com/syokojiro/status/1232256445514690560?s=20

関連記事:

タサン志麻さんの「お肉たっぷりボロネーゼ丼」レシピ

SNSで「20万いいね」を獲得した絶品手抜きレシピ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加