すみずみまでキレイに! 超コスパ高なロボット掃除機【家電批評・オブ・ザ・イヤー2021】

すみずみまでキレイに! 超コスパ高なロボット掃除機【家電批評・オブ・ザ・イヤー2021】

  • the360.life
  • 更新日:2021/11/29
No image

2021年もそろそろ終わり。そこで、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」を発表します。本音の家電ガイド『家電批評』が2021年にテストした全商品から、特におすすめのものを選出しました。今回は、ロボット掃除機エコバックス「DEEBOT OZMO T8+」を紹介します。

※情報は『家電批評』2022年1月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

No image

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

No image

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、コスパに優れたおすすめのロボット掃除機を紹介します。

多機能なうえに能力が高い! エコバックス「DEEBOT OZMO T8+」

No image
No image

エコバックス DEEBOT OZMO T8+

エコバックス
DEEBOT OZMO T8+
実勢価格:9万9800円
サイズ(本体・ベース):Φ353×H93mm・W300×D430×H430mm
重量(本体・ベース):3.7kg・4.4kg
充電時間:約6.5時間
稼働時間:最大180分
サイドブラシ:2本

エコバックス「DEEBOT OZMO T8+」は、『家電批評』2021年12月号のロボット掃除機10機種の比較において、5~10万円クラスでベストバイに選ばれた製品。

水拭き機能と自動ゴミ収集機能を搭載したロボット掃除機です。ゴミ除去能力が高いうえに、ここぞの水拭きにも活躍してくれます。

ポイント1:部屋を正確にマッピングしてすみずみまで掃除できる

No image

エコバックス DEEBOT OZMO T8+の検証1

部屋全体がしっかりマッピングされていて、段差も認識。ていねいに移動するため、安心して掃除を任せられます。なお、こちらの検証は家電批評』2021年10月号にて、収納スタイルコーディネーターの芝谷浩さんにご協力をいただいたものです。

ポイント2:こまめなゴミ捨てが不要

No image

エコバックス DEEBOT OZMO T8+の検証2

集めたゴミは自動でスタンド内部の紙パックに吸い出されるので、こまめなゴミ捨ては不要です。紙パックがいっぱいになったときだけでOK! ゴミがいっぱいになったら、アプリで知らせてくれます。

▼エコバックスの「DEEBOT OZMO T8+」の検証の詳細はこちら

ルンバ+ブラーバの機能を約半額で実現したおすすめロボット掃除機 | 『家電批評』が検証

ロボット掃除機の売れ筋ランキングもチェック!

ロボット掃除機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれたエコバックス「DEEBOT OZMO T8+」の紹介でした。吸引だけでなく水拭きにも対応しており、さらに自動ゴミ収集機能までついて7万円台と破格。おすすめのロボット掃除機です!

また、ロボット掃除機10製品の比較とより詳しいテストの結果は 『家電批評』 2021年12月号に掲載しているので、こちらもぜひご覧ください。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。

『家電批評』 2022年1月号

No image

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号は21年12月3日発売! スマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並びます。ぜひチェックしてみてください!

the360.life編集部 / Test by 家電批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加