スノスト頼み鮮明!!「関西J」SP、竹野内月9&徳井に「ボロ負け爆死」!

スノスト頼み鮮明!!「関西J」SP、竹野内月9&徳井に「ボロ負け爆死」!

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/07
No image

Snow Man、SixTONES

お笑いコンビ・博多華丸・大吉滝川クリステル(43)がMCを務める番組『教えてもらう前と後』(TBS系)が、4月から毎週月曜22時に放送される。

関連:Snow Man「2年目の快進撃」を支える「ゆり組」の「同時貫通」!!

番組内容もリニューアルし、「LOVER100人の声」をコンセプトに毎回異なるテーマを取り上げ、その事柄を愛する100人の声をもとに芸人、タレントらがさまざまな取材を行うという形に変わった。

リニューアル後の初回となる4月5日の放送は21時からの2時間スペシャルとして「新星!ジャニーズLOVER100人の声」をテーマに、ジャニーズの次世代スターを特集。

スタジオには関ジャニ∞のメンバー5人が出演。そして、次世代スターとしてジャニーズWEST重岡大毅(28)のほか、関西ジャニーズJr.なにわ男子から西畑大吾(24)、大西流星(19)、藤原丈一郎(25)が、さらにAぇ!group正門良規(24)、佐野晶哉(19)が登場した。

西畑、大西、藤原の3人はずんの飯尾和樹(52)の取材に応じたほか、Aぇ!groupのメンバー全員がセッションするスタジオに見取り図の2人が訪れて佐野と正門が紹介されるなど、ジャニーズファンにはたまらない内容になった。

「関ジャニとその教え子たち、さらに言うと藤島ジュリー景子社長が管轄する“ジュリー派”の関西ジャニーズが勢ぞろいしたわけです。なにわ男子については今年中のデビューが決まっていると言われ、最も期待されているジャニーズJr.内ユニットでもあります。

また、3月23日付の『文春オンライン』でNMB48横野すみれ(20)との“ホテルデート”が報じられた関ジャニの横山裕(39)とAぇ!groupの福本大晴(21)が、映像を通じてですが対面してしまい、こういった点でも番組への注目度も高まっていました。

ところが、同番組の平均世帯視聴率は3.3%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は1.8%にとどまったんです。同時間帯の他局の番組の視聴率を見れば明らかですが、この数字は“大爆死”と言っても過言ではありません」(制作会社関係者)

■テレ東の『WBS』にも敗北……

日本テレビでは19~22時に『世界まる見え!テレビ特捜部』の3時間SPが放送され、世帯13.0%、個人7.6%を記録。

22~23時の『しゃべくり007』には事前の告知はなかったものの、2019年10月に申告漏れや所得隠しが指摘されたチュートリアル徳井義実(45)が約1年半ぶりに電撃復帰を果たし、世帯10.5%、個人5.9%という視聴率を記録。

テレビ朝日では18時45分~22時に『帰れマンデー見っけ隊!!』の3時間SPが放送され、世帯10.1%、個人5.8%を記録。22時からの『報道ステーション』は世帯10.6%、個人5.9%と相変わらず高水準を保っている。

また、フジテレビでは21時から、竹野内豊(50)主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』の初回30分拡大版が放送され、世帯13.9%、個人7.8%を記録した。

「かつてはドラマと言えばフジテレビの月9でしたが、ここ数年は数字が振るわなかった。ところが、今回の『イチケイのカラス』の視聴率は約14%と超好発進。今後の躍進も期待できます」(前出の制作会社関係者)

テレビ東京では20~22時に『世界!ニッポン行きたい人応援団』が放送され、世帯6.9%、個人3.8%、22時からの『WBS(ワールドビジネスサテライト)』は世帯4.0%、個人2.1%を記録している。

「つまり、関西ジャニーズが一堂に会した『教えてもらう前と後』は、テレ東の、しかも毛色のまったく違う『WBS』も含めて、視聴率最下位だったんです。これは衝撃の爆死と言えるでしょうね。TBSとしても大誤算だったと思いますよ」(前同)

■やっぱり「スノスト」!

関ジャニはすでに安定的な人気を保っている。デビュー秒読みと言われるなにわ男子は、その関ジャニの後を引き継いで2020年3月からは「ハイチュウ」のCMに出演。

同年3月、JR原宿駅に「ハイチュウ」のポスターが掲示された際には、ファンが殺到。森永製菓の公式ツイッターが「大変混雑しており、このままですとポスターを撤去せざるをえなくなってしまいます。どうぞみなさん、通行の妨げにならないようマナーを守って警備員さんの指示に従ってくださいね」と呼びかける事態にまで発展した。

芸能プロ関係者は話す。

「それほど人気と勢いを誇るなにわ男子を含め、関西ジャニーズの中でも注目のタレントが集結したんです。TBSとしても若年層の個人視聴率には相当期待していたはずです。しかし、ふたを開けてみればビックリの低視聴率。

これで、今のジャニーズで本当に勢いがある、人気を獲得しているのは、Snow ManSixTONESだということが明白になったのではないでしょうか」

■滝沢秀明副社長はニヤリ?

4月11日からはSnow Manの冠番組『それSnow Manにやらせてください』がTBSでスタートする。

が活動休止に入った今、スノスト、そしてKing&Princeに期待するしかないのではないでしょうか。今回の『教えてもらう前と後』から考えると、関ジャニ、そしてなにわ男子も、現状は“数字を持っていない”という判断を下さざるをえない。

そして、悲惨な視聴率で終わった番組には、ジュリー氏が見る関西ジャニーズのみが出演し、滝沢秀明副社長(39)が担当するスノスト、Travis JapanHiHi Jets美 少年などは出演していませんでした。

つまり、『教えてもらう前と後』の爆死は、よりスノストや東京の人気ジャニーズJr.ユニットに期待が集まることにつながるのかもしれません。もしかしたら滝沢氏は今回の数字を見て、こっそりとほくそ笑んでいるかもしれないですね……」(前出の芸能プロ関係者)

関西ジャニーズが評価を落とし、スノストは快進撃……。ジャニーズ事務所内では滝沢副社長の存在感も増していくのだろうか!?

『鉄腕ダッシュ』新レギュラーSixTONES森本慎太郎とキンプリ岸優太「残酷な差」

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加