手塚治虫「ばるぼら」を永井豪が独自の解釈交え描く、読み切りが次号BCに掲載

手塚治虫「ばるぼら」を永井豪が独自の解釈交え描く、読み切りが次号BCに掲載

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/10/24

手塚治虫原作による映画「ばるぼら」の公開を記念し、永井豪が描く「ばるぼら」の読み切りが11月10日発売のビッグコミック22号(小学館)に掲載される。左から手塚治虫が描くばるぼら、永井豪が描くばるぼら。すべての画像を見る(全3件)
人気小説家の美倉洋介と、謎の女・ばるぼらを主人公に描く「ばるぼら」。“永井豪版”の「ばるぼら」では、永井独自の解釈が加わり、人気画家の三田村恭介と芸術家のミューズであるば

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加