【エプソムC】アドマイヤビルゴ万全 「予定通り」ソフトな最終デモで満足仕上げ

【エプソムC】アドマイヤビルゴ万全 「予定通り」ソフトな最終デモで満足仕上げ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

力強く駆け上がるアドマイヤビルゴ(撮影・佐々木彰尚)

「エプソムC・G3」(13日、東京)

小柄な素質馬が府中で素質を開花させるか。アドマイヤビルゴは先週のケイコ内容や輸送を考慮し、栗東坂路で軽めの最終リハ。重賞初タイトルに向けて、仕上がりは万全と言っていい。

もう速い時計など必要なかった。1週前追い切り(栗東CW)で、6F79秒3の猛時計を出したアドマイヤビルゴは9日、長距離輸送も考慮してソフトな最終デモ。栗東坂路で4F55秒7-40秒3-12秒3を計時した。

フォーム自体はダイナミックで、体を大きく見せている点は好感。藤本助手は「予定通りです。55秒になりましたが、57秒でいいと思っていたくらいなんです。調整は心配ありません。リラックスして走れていましたよ」と満足げに振り返る。前走時の体重が428キロと小柄な馬。輸送減りのリスクを考えれば、テンションを上げたくはない。「カイバの心配もありますからね。そういう意味では(同じレースに出走する)マイラプソディと一緒に行けるというのは大きい」。帯同する僚馬の存在も心強い限りだ。

17年当歳セレクトセールにおいて5億8000万円(税抜き)で取引された高額馬。目下7戦4勝だが、重賞では結果を出せていない。今後の飛躍につなげるためにも、タイトルが欲しいところだ。

「体のサイズは大きくなっていませんが、中身が変わってきた。筋肉量が多くなっています。バネがあり、前々から東京コースに使ってみたいと思っていたんです。いい走りをしてほしいですね」と同助手は舞台適性を見込む。前走の大阪杯(9着)は道悪がこたえただけに、今週は良馬場でやれそうなのもいい。小柄な馬体を弾ませて、府中の直線を疾走する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加