巨人・坂本勇人が14号2ラン!! 19試合ぶりアーチは楽に構える新フォームで

巨人・坂本勇人が14号2ラン!! 19試合ぶりアーチは楽に構える新フォームで

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

4回、巨人・坂本勇人が14号2ランを放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

(セ・リーグ、巨人-DeNA、20回戦、15日、東京ドーム)巨人・坂本勇人内野手(32)が3点を追う四回、19試合ぶりの一発となる14号2ランを放った。

9月に入ってから変えた、スタンスを狭めて楽に構える新ファームで、DeNA・大貫のスライダーをフルスイング。打った瞬間は悔しそうな表情を浮かべて一塁へ向かったが、打球がバックスクリーンへ着弾すると、驚いた様子でガッツポーズ。8月24日の広島戦(東京ドーム)で森下から放って以来のアーチで追撃ののろしを上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加