久保建英、途中出場で決勝弾に絡むも...退場処分。ビジャレアルが2-1で”バレンシアダービー”制す

久保建英、途中出場で決勝弾に絡むも...退場処分。ビジャレアルが2-1で”バレンシアダービー”制す

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/19
No image

【写真:Getty Images】

【ビジャレアル 2-1 バレンシア リーガ・エスパニョーラ第6節】

リーガ・エスパニョーラ第6節、ビジャレアル対バレンシアが現地時間18日に行われた。ホームのビジャレアルが2-1の勝利を収めた。

現在8位のビジャレアルは”バレンシアダービー”に臨んだ。ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英は6試合連続のベンチスタート。64分から途中出場を果たした。久保は決勝弾に絡むも、2枚のイエローカードで退場処分となってしまった。

開始5分、チュクウェゼのボールをペナルティエリア左で受けたペドラサが倒され、ビジャレアルがPKを獲得。これをアルカセルが決め、ビジャレアルが幸先良く先制に成功した。

ビジャレアルの1点リードで迎えた37分、ショートコーナーのボールを受けたゲデスが左サイドからカットイン。右足を振り抜くと、ボールはゴールに突き刺さった。

ビジャレアルは64分に久保とコクランを投入。すると69分、ペナルティエリア外の左で久保がボールを要求。久保はコントロールが上手くいかずこぼれ球になるが、このボールを拾ったパレホが右足を振り抜きゴールに突き刺した。積極的にボールを受けた久保が勝ち越しゴールに絡んだ。

しかし後半アディショナルタイム、久保は右サイドでコントロールが大きくなり、相手が近づいてきた際にスライディング。久保の足が相手の足に入り、ファールの判定に。すでに1枚イエローカードをもらっていた久保は2枚目のイエローカードで退場処分となってしまった。

一人少ない状況となったビジャレアルだが、1点差を守りきり2-1の勝利でバレンシアとのダービーマッチを制した。

【得点者】
6分 1-0 アルカセル(ビジャレアル)
37分 1-1 ゲデス(バレンシア)
69分 2-1 パレホ(ビジャレアル)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加