投手がベースカバーに入るべきタイミングとは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレイ56】

投手がベースカバーに入るべきタイミングとは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレイ56】

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/01/15
No image

ピッチャーはファーストゴロが飛んだ時 ファーストゴロでベースカバーに入る

No image

【どうして?】
●ボールを捕った一塁手が、自分でベースに入れないことがあるから

No image

ピッチャーは「5人目の内野手」とも呼ばれ、投球はもちろん、守備も重要。ピッチャーゴロやバント処理のほか、一塁のベースカバーも重要な守備の動きだ。

ファーストゴロはもちろん、結果的にセカンドゴロになるような場合も、一・二塁間に飛んだ打球は一塁手も追い掛けることが多いので、一塁ベースカバーに入る必要がある。ゴロが右方向に飛んだときには、一塁方向に動くクセをつけたい。

このとき打者走者と交錯しないよう、本塁側から回り込むように膨らんでベースカバーに入るようにしよう。

一塁手が深い位置でさばいたゴロは、二塁手が一塁ベースのカバーに入ることもあるので、そのときの動きは前もって決めておくようにしよう。一塁手が前進しながら捕った打球はピッチャーが、下がって捕った打球は二塁手がベースカバーに入るのが一般的だ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

No image

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子"にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加