アスカ2日連続悪夢...フレアーのキック誤爆し敗れる

アスカ2日連続悪夢...フレアーのキック誤爆し敗れる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

ロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇22日(日本時間23日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

ロウ女子王者アスカが2夜連続の“悪夢”に見舞われた。パートナーとなるシャーロット・フレアーのキック誤爆で現タッグ王者に敗れた。

フレアーと組み、WWE女子タッグ王者ナイア・ジャックス、シェイナ・ベイズラー組とのノンタイトル戦に臨んだ。

前タッグ王者だったフレアーとのコンビで気合十分のアスカだったが、ベイズラーを狙ったフレアーのビッグブーツをモロに浴びて倒れた。そのままジャックスのレッグドロップを浴びて12分20秒、フォール負けを喫した。申し訳なさそうにフレアーに手を差し伸べられたが、アスカは拒否していた。

前日のPPV大会エリミネーション・チェンバーで挑戦者にレイシー・エバンスを迎えた防衛戦に臨む予定だったが、試合はキャンセルに。15日のロウ大会でエバンスが妊娠告白した後、代替の挑戦者が用意されることなく、カードが中止となった。その翌日のロウ大会でもフォール負け。アスカにとっては2日連続で後味の悪いアクシデントが起こってしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加