負傷者続出のレアル、ベンゼマはCLアタランタ戦も欠場か。監督は「リスク冒さない」

負傷者続出のレアル、ベンゼマはCLアタランタ戦も欠場か。監督は「リスク冒さない」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

レアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマは、20日のバジャドリード戦に続いてチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦も欠場することになるかもしれない。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

マドリーは20日に行われたラ・リーガ第24節の試合でバジャドリードと対戦したが、ベンゼマは負傷のため欠場。他にも負傷者が相次いでいるマドリーにとって、チーム得点王であるエースFWを欠くことは大きな痛手となったが、1-0の勝利で4連勝を飾ることに成功した。

続いて24日にはCL決勝トーナメント1回戦1stレグ、アウェイでのアタランタ戦を迎える。ジネディーヌ・ジダン監督はバジャドリードとの試合後に、ベンゼマがアタランタ戦も欠場する可能性を示唆した。

「明日(21日)もう一度検査を受けるので、それで様子を見てみる。なんとも言えないが、リスクを冒すことはない。プレーできないのなら出場しないだろう。シーズンは長いし試合は多い。CL決勝や優勝の懸かるリーガ最終戦ならプレーするかもしれないがね」と指揮官は語っている。

『マルカ』紙は、ベンゼマの負傷は左足内転筋の軽い断裂であり、アタランタ戦の出場は「ほぼ不可能になった」と悲観的な見通し。だが「奇跡」を信じて21日の検査に臨むことになると伝えている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加