C大阪昇格内定FW木下慎之輔が首位...履正社の古田和之介が僅差で追走!プレミアWEST得点ランキング

C大阪昇格内定FW木下慎之輔が首位...履正社の古田和之介が僅差で追走!プレミアWEST得点ランキング

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2022/11/25
No image

C大阪U-18FW木下慎之輔

シーズン佳境を迎えている高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 WESTは優勝争いが熾烈。サガン鳥栖U-18(佐賀)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)が勝ち点37で並び(神戸U-18は1試合未消化)、ジュビロ磐田U-18(静岡)が勝ち点36で3位につける。

【フォトギャラリー】東福岡 vs 静岡学園

11月25日時点での得点ランキングはFW木下慎之輔(セレッソ大阪U-18)が15得点で首位。2位には古田和之介(履正社)がつけている。

なお21節は11月26日と27日に、東福岡とヴィッセル神戸U-18の延期分(5節)は11月30日に実施。最終節(22節)は12月4日に行われる。

【得点ランキング】
1位:15得点
木下慎之輔(セレッソ大阪U-18)
2位:14得点
古田和之介(履正社)
3位:12得点
斉藤柚樹(清水エスパルスユース)
伊藤猛志(ジュビロ磐田U-18)
皿良立輝(セレッソ大阪U-18)
6位:11得点
小林俊瑛(大津)
7位:10得点
神田奏真(静岡学園)
後藤啓介(ジュビロ磐田U-18)
日笠蓮康(ガンバ大阪ユース)
冨永虹七(ヴィッセル神戸U-18)

※10得点までを掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加