オリ入り大砲は“魔球”の使い手? 米メディアも注目...意外な特技で大失敗

オリ入り大砲は“魔球”の使い手? 米メディアも注目...意外な特技で大失敗

  • フルカウント
  • 更新日:2023/01/25
No image

オリックスが獲得を発表したフランク・シュウィンデル【写真:Getty Images】

シュウィンデルは昨年6月のヤンキース戦、野手登板でマウンドへ

オリックスが獲得を発表した前カブスのフランク・シュウィンデル内野手は、吉田正尚外野手の穴埋めに期待される強打以外にも“特技”がある。メジャーリーグでマウンドに立った経験があり、きっちり制球するのが難しい超スローボールの使い手なのだ。登板時には米国のメディアがこの場面を伝え、話題となった。

昨年6月12日のヤンキース戦、カブスが4-18と大敗する中で8回のマウンドを任されたシュウィンデルは1回1失点。カイル・ヒガシオカに本塁打を浴びた。この投球は時速35.1マイル(約56.49キロ)の超スローボールで、高めのストライクにしっかり制球されたものの、打ちごろとなってしまったのか左翼へ大きな弧を描いている。

シュウィンデルは昨季、カブスで開幕スタメンに名を連ねながらも75試合で打率.229、8本塁打に終わり9月には解雇された。ただ2021年にはわずか64試合で14本塁打。打率も.326という強打を見せつけている。日本のマウンドで超スローボールを披露することはあるのだろうか。もちろん、バットで話題になるのが一番いいのだが……。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加